読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに。

webテストの自動化について備忘録のつもりで書いています

SeleniumIDE で作成したスクリプトを SeleniumRCモード で実行する

SeleniumIDEで作成した スクリプトを SeleniumRCで実行する方法ですが
そもそも SeleniumRCと呼ぶと Selenium Ver1.0と混在してわかりにくいですが
SeleniumVer2.0シリーズには互換性があるのでそれを利用して 実行するという意味です。

実行するには、IDEで作成したスクリプトと、テストスイートファイルが必要です。
といっても、これも自動記録したときに自動的に作成されるため、
スクリプトを保存する際に、「テストケースの保存」ではなく
「テストスイートの保存」を選べば、まず、テストケースの保存用ファイル名を指定し
続いてテストスイートの保存用ファイル名を指定すればOK。

ちなみに、テストスイートはスクリプトファイルを呼び出す部分で以下のようにリンクになっているだけです

test

で、実行するのは 下記でOK

c:>java -jar selenium-server-standalone-2.32.0.jar -htmlSuite <テストスィートのURL> <テスト結果を出力するファイル>

これをバッチファイル(もしくは シェル)にしておけば、自動実行も簡単ですな。