読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに。

webテストの自動化について備忘録のつもりで書いています

SeleniumIDE 2.0

とうとう、Ver 2.0になりました。
基本的には FireFoxのバージョン追随ですが、メジャーバージョンがあがったのは

SeleniumIDEから クロスブラウザに対応した為。

といってもそもそもは FireFoxのプラグインなので、どうやってIE、chromeを動かすのかというと

 SeleniumRCを経由する

というもの。流れ的には

  1. IDEで記録したスクリプトを用意
  2. SeleniumRCを起動
  3. IDEに新たに追加された タブ で起動するブラウザを指定
  4. 実行する

これだけ。簡単。

ただ、完全にブラウザ差がなくなっている訳ではないので、内容によっては修正が必要な箇所も・・・


Selenium自体は Ver.2 で webdriverに対応し、開発サイドは 好みの言語でテストシナリオを記述すればOKですが
開発言語になれていないテストサイドも、これでFireFox以外のブラウザテストができます。

もし、複数回実施する可能性があるのであれば、とりあえず記録して保存しておくと良いと。

で、そのまま定常的に実行する状況になったら、 SeleniumIDEからの実行ではなく 
SeleniumRC にパラメータ渡しで実行させるして、タスク登録(Jenkinsさんにお願いも可)すれば定常実行が可能です。

用途が広がります。まあ、その場合、実行結果の確認方法に一工夫必要かも。

それはまた別のお話。