読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるままに。

webテストの自動化について備忘録のつもりで書いています

selenium2.0 で iPhoneのテスト環境を作る編

seleniumが2.0となりwebDriverメインとなって徐々に情報がネットに出回り始めたが日本語でiPhoneのテスト環境に付いて記載しているところがまだ見つからないので、自分の備忘録レベルで書いておく。

アップされているものは xcode3.xシリーズ用になっている模様でLion、 xcode4.x環境では一部プロジェクトファイルの設定を変更する必要がある模様

●環境
OSX 10.7.1
xcode 4.1

1.ソースの取得
とにかくこれが無いと始まらないのでiWebDriverを取得する

SVNでチェックアウト
$svn checkout http://selenium.googlecode.com/svn/trunk/ iwebdriver

2.xcodeを使用してコンパイルする

下記ディレクトリにあるxcodeのプロジェクトファイルを開く
iwebdriver/iphone/iWebDriver.xcodeproj

左上のプルダウンメニューから 「iWebDriver>iPhone4.3Simulator」を選択する


左上端の Runボタンを押下

4つのワーニングと1つのエラーが発生


iWebDriver project
iWebDriver.xcodeproj
Project Modernization Update to recommended settings
文字列部分を選択すると build settings設定パネルが表示されるので 「Perform Changes」ボタンを押すと 変換してくれる


CocoaHttpServerLivrary
CocoaHTTPServerLivrary.xcodeproj
Targer Integrity Missing SDK in targer CocoaHTTPServer:iphonesimulator3.2
文字列部分を選択すると build settings設定パネルが表示されるので 「Perform Changes」ボタンを押すと 変換してくれる



Target Integrity Missing SDK in target CovoaHTTPServer:iphoneos3.1.2
文字列部分を選択すると表示される Base SDK欄の Debug を 「iOS4.3」を選択
これでエラーの対応もされる


上記の対応を行って再度 「Run」ボタンを押下


11メッセージが表示されるが Buildは完了して iOSシミュレーターが起動する

この状態になれば シミュレーターにiWebDriverがインストールされた状態になっているので、次回からはiOSシミュレーターを起動して、さらにシミュレータ内でiWebDriverアプリを実行すればOK

iOSシミュレーターは下記ディレクトリに作成される
/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications

テストスクリプトからアクセスする場合は、画面の下に表示される IPアドレスとポート番号を指定する。